食事で美しくなるための5つの方法

美しさを維持していくためには、化粧品などを使った表面的なケアだけでは不十分です。

本当の美しさを手に入れるには、食事に気を付け、インナーケアをしていく必要があります。

そこで、具体的にはどういった食事法が美容に高い効果を発揮してくれるのか、紹介していきましょう。

パントテン酸でストレス解消!
美容にも健康にも大きな悪影響を及ぼすことで知られるのがストレスです。

このストレスに対して役立つ「抗ストレスホルモン」を分泌するためには、パントテン酸という栄養を意識すると良いでしょう。

これは大豆やサツマイモ、鶏肉などに多く含まれます。

ビタミンB群と組み合わせながら摂取することで効率が良くなるので、ビタミンB群豊富な食材を意識しながら食べていきましょう。

美肌のためのビタミンA
美肌に役立つビタミンには色々なものがありますが、特に注目したいのがビタミンAです。

乾燥肌など肌トラブルの改善に役立つことで知られており、鶏レバー、うなぎ、ニンジン、モロヘイヤといったものに多く含まれます。

この栄養素は熱に強く、また油と共に摂取することで効率よく吸収されます。

そのため、これらの食材を油で炒めて調理し、食べるようにすると良いでしょう。

糖代謝を促すビタミンB1
老化に大きく関わることで注目されはじめた「糖化」。

これを防ぐために重要なのが糖の代謝を促進することです。

そこで有効なのがビタミンB1という栄養素ですね。
こちらは豚肉や胚芽精米、玄米などに豊富に含まれます。

ニンニクなどアリシンを多く含むものと共に調理すると吸収が高まるので、合わせて調理してみましょう。

脂質代謝にビタミンB2!
ダイエットや美容の面で見逃せないのがビタミンB2です。

こちらは脂質代謝、たんぱく質の代謝や血液の形成にも大きく関係しています。

ビタミンB2は豚レバーやサバ、納豆などに豊富に含まれますが、光に弱い性質を持つので、冷暗所で保存しましょう。

ナイアシンでタンパク質強化!
お肌や髪の状態を保つのに必要不可欠なタンパク質。

これを作る際に重要な栄養素がナイアシンです。

カツオや鶏むね肉に多く含まれていますが、水溶性なので、1度に多量に摂取しても排出されてしまいます。

こまめに食事に取り入れていくことが大切ですね。

このように、美容や健康に役立つ栄養素はたくさんあります。

効率良く活かせる方法を知り、毎日の食事でキレイな女性を目指しましょう!